ええまちづくりのネタ

イベント&レポート
約1ヶ月の準備と1日で地域団体を応援する”プロボノ 1DAY チャレンジ” アンケート報告

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

大阪ええまちプロジェクトでは、高齢者の介護予防、生活支援などに取り組む地域団体、NPOをオール大阪で応援するプロボノプロジェクトを進めています。

NPO・地域団体を応援する方法は2種類あり、約3ヶ月から半年をかけてじっくり取り組む中長期プログラムと、約1ヶ月の準備と本番1日の取組みを通じて組織運営の次なる一歩を応援する具体的な成果物を提供する”プロボノ1DAYチャレンジ”があります。この内、”プロボノ1DAYチャレンジ”の本番を2017年10月28日(土)に迎えました。

当日は、25人のプロボノワーカーが6つのチームに分かれ、濃密な1日を過ごしました。

たった1日、されど1日。プロボノ1DAYチャレンジが支援先団体、プロボノワーカー双方にどういう経験となったのか、「事後アンケートの結果」の要旨をご報告します。

6チームそれぞれの当日の様子はFacebookアルバムでご覧いただけます。

当日のレポート記事は以下からご覧いただけます。

大阪ええまちプロジェクト、 プロボノ1DAYチャレンジレポート!(1)

大阪ええまちプロジェクト、 プロボノ1DAYチャレンジレポート!(2)

 

アンケート結果(支援先団体)

今回の「プロボノ1DAYチャレンジ」に参加して、全体としてよかったと思いますか?

全団体が1DAYチャレンジに参加してよかったと回答しています。

プロジェクトを通して、「日ごろ困っていることの解決方法が、自分ではたどり着けないけれど教えてもらえればすぐにわかるところにあったという驚きです」

「地域づくりに関わっていただければお互いに刺激を受けながらより良い地域づくりができるのではないかと感じました」との声をいただいています。

 

プロボノのような多様な主体が地域活動に参加することが、地域包括ケアの推進に効果的だと思いますか?

全団体が地域包括ケアの推進にプロボノが効果的と回答しています。

「地域づくりにおける多様性、柔軟性を重視しているため」

「地域と職場が離れている人々が関わることができる」という点から効果的だとの事をいただいています。

 

 

また、プロボノによる支援を依頼したいと思いますか?

全団体がまたプロボノによる支援を依頼したいと回答しています。

「もっと多くの人に利用できる仕組みを考えたい」

「地域の実情に沿った計画を考えていきたい」との声をいただいています。

 

 

今回のプロジェクトへの参加を通じて、みなさまの団体に変化はありましたか?

1位 団体の活動の意義について新たな発見があった(4団体)
2位 団体のあるべき姿、目標が明確になった(2団体)
3位 活動内容の改善点が明確になった(2団体)

その他、「団体の立上げ間もないので、活動の目標や意義の再確認に役立った」

「今まで関係してこなかった方々に自分たちのしていることを説明する機会となったので、話していく中で考えがまとまっていった」

との声をいただいています。

1位〜3位以外にも大阪ええまちプロジェクトに参加したことで得られた効果として以下のような項目に該当があったという事です。

・団体のスタッフ同士など内部関係者間で意識共有ができた

・団体の代表者や理事の行動意欲が向上した

・スタッフの行動意欲が向上した

・ボランティアの行動意欲が向上した

・社会にアピールできる機会が広がった

アンケート結果(プロボノワーカー)

今回のプロボノ1DAYチャレンジに参加して、全体としてよかったと思いますか?

全員がプロボノ1DAYチャレンジに参加してよかったと回答しています。

プロジェクトを通して「メンバーや支援先との交流で、知らない世界を知れた」「自分の専門性や強みを知ることができた」との声をいただいています。

 

 

 

 

今後、地域課題の解決にプロボノは効果的だと思いますか?

全員が、地域課題の解決にプロボノは効果的と回答しています。

「思った以上の成果が出せた」という手応えを感じてくださっている方もいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

また、プロボノに参加したいと思いますか?

95%は、またプロボノの参加したいと回答しています。

半数の方は同じように1DAYチャレンジに参加したいと答え、半数以上の方が1ヶ月以上の中長期プロジェクトに参加してみたいと答えていただいています。

 

 

 

 

プロボノ1DAYチャレンジへの参加を通じて、ご自身に何か変化はありましたか?

1位 自身の視野が広がった(17名【81%】)
2位 新しい視点や考え方について刺激を受けた(13名【61.9%】
3位 社会に役立っているという実感が持てた(9名【42.9%】)
3位 仕事に生かせそうな有意義な経験を得ることができた(9名【42.9%】)
3位 自分の専門性やスキルを再認識することができた(9名【42.9%】)

参加していただいた方は全員なんらかの変化を感じられています。

1位〜3位以外にあげられたのは以下のような項目でした。

・ボランティア活動に関する興味関心が高まった

・社会問題やNPO、地域団体に対する見方や考え方が変わった

 

プロボノ1DAYチャレンジの体験を一言で表すとどのような言葉が浮かびますか?

以上となります。アンケートにご協力いただきました皆様、ありがとうございました。

 

 

Share on Facebook0Tweet about this on Twitter

ええまちづくりのネタへ戻る