地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

富田林市
チャレンジ中

きんきうぇぶ

高齢者が高齢者にスマホを教え社会とつながる。Win-Winのしくみづくりを呼びかけよう。

進捗
3%
チャレンジ内容

きんきうぇぶは、富田林市でパソコン教室の運営から活動を開始した団体です。現在でも市内10ヵ所で定期的にパソコンやスマホ、タブレットなどの教室を開催するかたわら、活動を続ける中で、数多くの地域と連携した事業を手掛けるようになってきました。 介護予防につながる街かどデイハウス、市内のNPO・ボランティアの中間支援機能を担う「市民公益活動支援センター」の運営なども担っています。

H28年度には、助成金を活用して「スマホでつくる小地域ネットワーク」事業を実施。スマートフォンの使い方を教える 高齢者の講師ボランティアを養成するとともに、市内15ヵ所で4回シリーズの講座を開催しました。注目すべきは、講座受講者の大半が70〜80代の高齢者であることと、さらに、約40名に上る講師ボランティアには、50〜80代の男性が多く参加していることです。スマホを効果的に活用することで、高齢者が社会との接点を持ちやすくなると同時に、講師ボランティアには、一般的にあまり地域活動に出てこないと言われる定年でリタイアした男性が反応し、社会参加のきっかけをつかんでいる点は見逃せません。また小地域単位のスマホ講習会を開催することにより、普段地域の集まりに関心のない人もスマホ教室のニーズにより、地域での講習(集まり)に参加することになります。スマホの情報交換をすることで 顔をあわせ、隣近所の繋がりが強まり、地域への関心が高まることから地域活性化、小規模多機能自治の実現へと近づきます。見守りが必要な要援護者や孤立している高齢者を発見するだけでなく、地域住民でスマホの機能を駆使しながら支援方法を考えたり話し合うことが可能になるでしょう。

プロジェクトでは、「スマホでつくる小地域ネットワーク」を市外の他地域でも導入・実践していくことを呼びかけるような資料作成を通じて、ITをつかった高齢者の社会参加の機会づくりと小規模多機能自治の実現を応援します。

3%

チャレンジの進捗

2017/10/18 更新

2017/08/21

自分たちの強みを活かして 地域のために尽くす可能性を実感。
最初に訪ねたとき、教室では高齢者たちがノートPCとむきあい、画像を貼付ける方法を学んでいました。きっとお年寄りにとって難しいことを、新しく学ぼうとする意欲に感動しました。「家に帰ってまた練習する」といって帰る姿を見ていると、介護予防というよりも、日々の充実さを感じます。小さく丸くなりつつある背中にぴったり合いそうな、大きめのノートPCを持ち帰るお年寄りの笑顔が印象的でした。 きんきうぇぶは、女性たちがパソコンを学ぶために立ち上げた団体。長年に渡って南大阪一円に講座を開いてきました。いまではスマホ講座やタブレット講座もしています。地域に根付き、住民と深く関わってきた魅力を活かして、高齢者の自立生活を地域で支え合う住民活動や、認知症予防教室を担っています。富田林金剛地区だけでなく、近隣の自治体の生活支援コーディネーターなどとも連携し、高齢者見守りシステム「おはよう伝言板」や、その他アプリ開発といった自分たちの強みを活かして、今後どのような新しい活動を拓いていくのか。私たちにお手伝いできることがたくさんありそうです。by:ライター神野

2017/10/18

初めて顔合わせするメンバーと、初めてのプロボノプロジェクト。緊張とワクワクに包まれながらも、ここはさすがの社会人、支援先理解をすすめ、プロジェクトの着地点をイメージするため、各位がそれぞれの視点でコミットしていきます。そしてまずは、11/2に行われる支援団体とのキックオフミーティングに向けての準備作業の洗い出し、役割分担、スケジュール整理を行いました。