地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

太子町
チャレンジ中

SASAE 愛 太子

高齢化の話題こそ、若い人たちにも関わってほしい。だからこそ始める、SNS活用。

進捗
0%
チャレンジ内容

太子町では平成27年から、地域包括ケアに関する勉強会に37回約700名の住民が参加し、地域の理解を深めてきました。こうした住民参加型の議論を通じて「集いの場」「移動手段」「買い物支援」「町会・自治会の活性化」という4つの重点テーマを設定し、これらのテーマに応える具体的な事例を創出することを目的として、協議体「SASAE 愛 太子」を設立しました。
意欲ある住民が参加できる出入り自由な場、という運営方針のもと、高齢者自身がお店当番を担当する集いの場を開いたり、空き家を活用した居場所づくりなど、そこに集まる住民が自発的に活動を推進し、その動きをみんなで応援する仕組みが生まれつつあります。
大阪ええまちプロジェクトでは、太子町の新しい地域づくりを次世代へと発展的に継承していくため、中学生・高校生・子育て世代などの若い世代に向けた効果的な情報発信のツールとして、Facebookページの新規立ち上げとその活用法を応援します。

0%

チャレンジの進捗

2017/08/04 更新

2017/08/04

住民が自主性をもって町づくりに参加できる 超高齢社会の先進モデル。
車で15分も走れば、町の隅々まで移動できるコンパクトさを活かし、町でたった1人の第1層生活支援コーディネーターとして活躍する社会福祉法人社会福祉法人太子町社会福祉協議会の貝長さんを訪ねました。 ほがらかな人柄の貝長さんは、総合福祉センターにいるときも、カフェやカラオケ、囲碁などを楽しむお年寄りと笑顔で目線を合わせて談笑する姿が印象的でした。その姿を拝見し、きっと町を巡回し住民の方々とお話をされるときも、人々の自主性を大切にして活動されていることが容易に想像できました。 地区や自治会をていねいに回って住民さんが不便に感じていること、町で活用されずに眠ったままの情報を集約しているうちに、「これからの太子町の未来を考えたい」という住民さんが想像以上に集まり、継続して活動されている現状は、これから超高齢社会を向かえる私たちにとって、町づくりのよいモデルとなるのではないでしょうか。10年先を見据えて中学生も参加できる町づくりを目指す太子町の今後が楽しみです。