地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

太子町
チャレンジ中

磯長台の福祉を考えるつどい

これまでの取組みを事業評価し、さらなる未来に推進力を!

進捗
4%
チャレンジ内容

345世帯の磯長台地区の自治会を単位に、住民自治の発展を目指して、2004(平成16)年から活動しています。会員になっている世帯は自治会エリア全世帯の26%。お互いの顔と名前がわかりあえ、信頼関係を深く確かなものにしていく先に住民自治が成り立つと考え、地域の最少の単位である自治会エリアにこだわって活動しています。
主な活動は、空き家を活用した「きたじりさんち」を拠点に、サロン活動や健康体操などを実施。他にも、会員同士での助け合い活動としての移送サービス、買い物ツアー、年365日の安否確認活動などを行っています。毎年「会員アンケート」を実施し、結果を全ての会員に返して、事業・活動の評価と事業計画作成の基礎資料にしています。
大阪ええまちプロジェクトでは、これまでに行ってきた活動を地域の特性などに照らし合わせて事業評価をし、次の活動に向けた活動の指針を決めるための情報整理を支援します。

4%

チャレンジの進捗

2018/09/22 更新

2018/09/08

キックオフ事前ミーティングを実施しました。

2018/09/22

キックオフミーティングを実施しました。
「磯長台つどい」設立の経緯と現在の活動内容について、団体の三役からそれぞれの立場でストーリーを伺いました。

昔ニュータウンとして賑わった街も住民の高齢化に伴い、活気が乏しくなるなど、都市部においてはスポンジ化が目立ち始めています。プロボノメンバー一同は、そんな街の活気を取り戻すべく住民主体の自治に取り組む団体の熱い想いに触れ、これは他人事ではないと当事者意識を抱く事になりました。

“磯長台の福祉を考えるつどい”から住民同士の繋がりを強化し、魅力的なコミュニティに広げていくことを目標に、まずは団体ヒストリー・地域性を知り、過去活動の評価を測定する情報集めをすることから伴走が始まります。

11月の現場訪問で、レクリエーションの一つ”ほっと一息コーヒータイム”に参加する約束を交わし、皆のワクワク感が高まったところで、良好な滑り出しを迎えることができました。