地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

富田林市
チャレンジ中

健やかスマイル

健康になることで地域に広がる笑顔の輪。その運営を支えるITツールを整備しよう。

進捗
3%
チャレンジ内容

富田林市が主催する「介護予防サポーター養成講座」、その第1期の卒業生が中心となり2009(平成21)年に活動が始まりました。現在は市内25箇所で介護予防のための「笑顔はつらつ教室」で運動指導、健口体操、健康ミニ講話などを行い、地域住民の健康意識の向上に取り組んでいます。
教室の参加者数は場所によって様々ですが、5〜6名程度から25名以上と、開催される地域によって参加人数は異なります。各地の教室は「健やかスマイル」が立ち上げに関わったのちに、自治会や老人会など開催を希望した団体が主体になり運営を行います。
教室に関わるサポーターは約30名、サポーターひとりひとりが、ご自身が移動可能な地域や、都合がつく日程をもとにシフトを組んで、市内各地で開催される教室に関わっています。シフト管理はサイボウズLiveを利用しており、特定のメンバーがその管理業務を担っています。
大阪ええまちプロジェクトでは、2019(平成31)年4月にサービス終了するサイボウズLiveの代わりとなるグループウェアの導入、また、そのツールを利用した業務の手順を可視化することで、健やかスマイルの活動を応援します。

3%

チャレンジの進捗

2018/09/08 更新

2018/09/08

キックオフ事前ミーティングを実施しました。