地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

大阪市
チャレンジ中

三軒家西地域まちづくり実行委員会

笑顔と元気があふれるまちづくりの運営を支える コミュニケーションの仕組みを整えよう!

進捗
7%
チャレンジ内容

大阪市大正区の北部に位置し、JR環状線の大正駅がある三軒家西小学校区で活動するさまざまな団体が連携して地域づくりに取り組む「三軒家西地域まちづくり実行委員会」
2,362世帯、4,225人(2019年3月31日時点)が暮らす地域を「住みよい豊かなまち」にしていくために、委員会を構成する社会福祉協議会や地域振興会、子ども会、女性会など10の団体がそれぞれの事業を担当し、防犯や防災、高齢者を対象としたサロン活動、食事会やふれあい喫茶等を開催。また、子育てサロンや生涯学習の講座、学校と連携した世代間交流事業なども行っています。
2020年度から新任の委員長が呼びかけた「地域の元気をみんなでつくる!」というキーワードのもと、さらに意欲的に活動に取り組もうとした矢先、コロナ禍により、ほとんどの行事や活動が実施できなくなりました。そんな中でも、中止になった盆踊りの代わりに地域の大人たちが子どもへのお菓子配りをしたり、集まって開催していた食事会を配食に切り替え、独居高齢者や食事の準備が困難な家庭とのつながりを維持するなど工夫して取り組んでいますが、以前のように集まれないため、ちょっとした情報共有の機会が失われ、運営メンバー同士のコミュニケーションが難しくなっています。事業ごとにLINEグループを作って運営をするものの、情報共有のルールが整っていないために、行事が中止や変更になった場合でも情報が行き届かず、確認に時間がかかったり、また各事業を横断した情報が集まらないので適切なタイミングで広報ができなくなるなど、運営面での課題を感じています。
プロボノによるプロジェクトでは、実行委員会に参加する運営メンバー全員が活用できるLINEを軸に、組織運営上のコミュニケーションを円滑にするための仕組みを考えます。

7%

チャレンジの進捗

2021/10/09更新

2021/09/25

キックオフ事前ミーティングを実施しました。

2021/10/09

キックオフ・ミーティングを実施しました。