• いくつになっても住みやすい「ええまち」づくりを応援するプロジェクト

プロボノプロジェクト

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

高槻市

ほっと

食事を作ることが困難な人に配食を知ってほしい!安心と親近感を届けるInstagram活用

15

チャレンジ内容

2006年、地域の皆さんに選んでもらえる配食サービスを作りたいという呼びかけから、共感する仲間が集まり活動を開始しました。当時は1日30食から始め、口コミで利用者を増やしていき、多い年は年間で約42,000食(提供は平日・土曜日)を提供するまでになりました。毎日の食事を作ることが困難な高齢者に対して、できる限り多くの食材を使い栄養バランスの良さや手作りにこだわり、在宅でも安定した食生活を送れるように介護予防食を提供しています。利用者ご本人の好き嫌いや食べられる量、食べやすい固さや大きさなど、ひとりひとりの個別対応に加えて、配達の際には利用者とのコミュニケーションを通じて相談の聞き役になることもあります。活動を開始してから16年ずっと続けておられる利用者もいます。また、新メニューを作る時には利用者の皆さんを呼んで試食会をしたり、お茶や洗剤がないけど買いに行けないという悩みを聞いたら、お弁当と一緒にお届けしたり身内のような顔の見える関係を作りながら活動を続けてきました。
しかし環境は大きく変わりました。コロナ禍によって顔を合わせる機会を作ることが難しくなりました。また、大手配食事業者の参入も影響して、現在は平日1日の配食数は110食になり、最も利用数が多かった5~6年前に比べ60食程度少なくなっています。今後も活動を継続していくために、メニューの豊富さや価格ではない「ほっと」ならではの価値や魅力の発信が求められています。そこで、利用者を支える安心感や、スタッフや利用者の顔の見える関係といった親近感などを、これまでになかった形で情報を届け、新たな利用者との接点をつくるためInstagramの活用を検討しています。
大阪ええまちプロジェクトでは、高齢者とその家族など働く世代のうちから関係を作っていく効果的な情報発信ツールとしてInstagramページの新規立ち上げと活用法を応援します。

15%

チャレンジの進捗

2022/11/01更新

2022/09/26

キックオフ事前ミーティングを行いました。

自己紹介
稼働の確認
ツールぎめ
プロジェクト内容の確認
キックオフの内容詰め

以上をアジェンダにじっくり話し合い、交流することができました!

2022/10/06

チームミーティングを行いました。

団体とのキックオフミーティングの準備をすすめました。
PMが作成した資料を基に、内容のすり合わせ、団体への質問事項の精査を行いました。

2022/10/08

団体と、キックオフミーティングを行いました。

アジェンダ
・自己紹介
・ほっとさんについての確認(プロボノチームの認識の確認)
・プロジェクトの確認
・質問タイム
・今後のご相談(亜ヒアリングについて)

確認事項については大きな修正はなく、用意した質問についてじっくり話を聞くことができました。
まだまだ深掘りしたいことはありますが、ここはマーケティングフェイズのヒアリングですすめていきます。

2022/10/18

チームミーティングを行いました。

団体とのミーティグ以降、それぞれが考えたことなどを持ち寄って、今後の段取りについて整理しました。
特に直近のタスクであるヒアリングについてはディスカッションを深めました。これからスケジュール調整に入っていきます。

2022/10/27

チームミーティングを行いました。

話し合ったこと
・ヒアリング候補者に関する整理
・ヒアリング準備(質問まとめ、他チームへ質問、場所探し)
・ターゲットに関するディスカッション
・ワークショップ案の共有

2022/11/01

チームミーティングを行いました。

話し合ったこと
・11/6に予定しているヒアリングの内容、進め方について
・ヒアリング方法として検討しているアンケートについて
・ワークショップの内容検討
・今回選択するべきSNSとは?

同様の課題にチャレンジする団体はこちら
同様の課題に
チャレンジする団体はこちら
「プロボノプロジェクト」一覧を見る