地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

吹田市
チャレンジ中

ほっと吹田

高齢者になっても安心して暮らすために知っておきたい情報を届けるウェブサイトを作ろう。

進捗
9%
チャレンジ内容

2006(平成18)年2月から、2ヶ月に1回、介護の情報座談会を開催しています。現在は活動場所として、吹田市立市民公益活動センター「ラコルタ」の会場を借りて開催しています。参加費は200円、参加者は毎回25名前後、市の広報誌や口コミによって参加されます。参加者は介護に関わる当事者のご家族を中心ですが、それに加えて、約半数は地域の自治会等で活動されている方や今は元気でも将来のことに不安を感じている一般市民の方です。
毎回のテーマは介護や介護予防に関わること、例えば高齢者でも座ってできる笑いヨガや、警察の方から高齢者向けの詐欺対策の講座など、毎回企画して、そのテーマにあった講師を呼び、その後、参加者同士の交流の場となっています。
介護を受けている方、介護をしている方は、座談会を楽しみにしながらも、その日の状況によって参加することができないことも多いので、毎回50〜60名の方に対しては、レターに介護の情報提供や座談会の案内をし、郵送しています。
大阪ええまちプロジェクトでは、Jimdoを利用したウェブサイトの新規構築を支援することで、今後講師に声をかけるときに団体の活動紹介のツールとして利用、また、これまで届かなかった層にも取り組みに関する情報提供していきます。

9%

チャレンジの進捗

2018/10/13 更新

2018/10/13

11月17日の1DAYチャレンジ本番に向けて、プロボノワーカー同士の初顔合わせになるオリエンテーションを実施しました。
全員参加でのスタート。これから調査や質問事項の洗い出しなど本番までに準備を進めます。