• いくつになっても住みやすい「ええまち」づくりを応援するプロジェクト

プロボノプロジェクト

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

高槻市

特定非営利活動法人いきいき会

介護予防にもつなげる配食サービスとして 利用機会を増やすための案内チラシをつくろう

7

チャレンジ内容

1990年に高槻市で活動を始め、以来、生活の基本である「食の保障」をめざし、食事作りの困難な方々へ栄養バランスのとれた食事を自宅までお届けする「配食サービス」活動を行ういきいき会。
活動の中心は主婦達で、その生活体験から生まれる知恵と工夫により、手作りで、自然の味を生かした体に優しい、そして「食」による介護予防を考えた食事サービス活動を実施しています。
高齢者、障がい者の生活を支え、自立を支援する地域支え合いの連携をめざしている市民参加型の非営利団体です。
この3年間は特にコロナ禍により外出制限などもあり、自宅にこもりがちな高齢者をはじめ、要介護者・障がい者の方々に食事を届けると共に、これまで同様「安否の確認」を行いながらの活動は、この期間特に地域を見守り・支える役割を担った場面もありました。
2021年度ものべ54,760名へ、食事をお届けしました。コロナ禍でも利用者数に大きな増減はありませんでした。
今後の目標として、「配食サービス」を、まだ知らない方々への広報活動を行っていきたいと考えています。これまで利用者の半数強は、高齢になり食事づくりが困難になった方で、ケアマネさんなどを通じてお申込みいただくことが多いです。そういった食事づくりが困難になる前からでも、配食サービスを利用することで、介護予防にもつながる面があると考えています。
しかしながら、今はまだ「配食サービスの利用は、自分が料理を作れなくなってから」という状況で選ばれることが多く、その前からの気軽な利用をご案内することが十分できていない状況です。
そこで、今回のプロジェクトでは、「配食サービス」が介護保険サービスとして必要になる手前の段階から、幅広い利用機会やお味見のためのお試し利用(1食500円)なども紹介し、気軽な配食サービス利用につながるご案内チラシを制作します。

7%

チャレンジの進捗

2022/09/23更新

2022/09/23

チームメンバー同士の顔合わせとなる、キックオフ事前ミーティングを実施しました。
チーム内での情報共有のツールを検討したり、キックオフミーティングまでに団体さんへ確認したいことの質問をすり合わせたりなどしました。
団体さんとのキックオフミーティングは、対面で行う予定になりそうです。

同様の課題にチャレンジする団体はこちら
同様の課題に
チャレンジする団体はこちら
「プロボノプロジェクト」一覧を見る