• いくつになっても住みやすい「ええまち」づくりを応援するプロジェクト

プロボノプロジェクト

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

大阪市

MAZEKOZE OSAKA実行委員会

企業に向けて イベントをきっかけにした「アクション」の協力を魅力的に伝えるチラシを作ろう

7

チャレンジ内容

国連が定めた4月2日「世界自閉症啓発デー」前の日曜日に、自閉スペクトラム症や聴覚障がいなど社会的に障がいを感じる人々の事を啓発するために、地域や企業と連携し、普段、障がい者福祉等と関わりのない方でも誰もが気軽に参加できる啓発イベント「MAZEKOZE OSAKA(まぜこぜ大阪)」を開催しています。
自閉スペクトラム症に限らず、障がいの区別なくさまざまな人々を対象にし、障がいを理解してもらうための啓発(パネル展示やトークなど)や、音楽ライブ・パフォーマンス・マルシェを展開しています。
学校生活・その後の就労時期で、障がいの有無に関わらずみんなで一緒に過ごす時期が少なくなってしまい、どう接していいのかお互いに分からないという不安を、感じない社会を作れるように、いろんな人がマゼコゼで過ごす機会をイベントを通じて生み出しています。
取り組みを通じて、普段は福祉に関わらない人にも話題が届くように、テーマカラー(青)を会場装飾に印象的に用いたり、ランドマークのライトアップの報道を通じて、会場に来た方がより一層、これまで以上に社会課題のことを知る・考えるきっかけが広がることを期待して行っています。会の運営には、障がい者自身やその親(~60代程度)、近隣にお住いの方や地域のライオンズクラブなどの有志がボランティアとして一緒に関わっています。マルシェでは障がいのある方も販売スタッフとして従事し、売り上げの一部をボランティア作業の協力金としてもお渡ししています。働く様子は親も見たことがないくらいの頼もしさで、イベントでの社会参加でやってみようという気持ちや暮らしの中などでもご自身でできることが広がっている場面もあるようです。
イベントにはコロナ禍前は5,000人が訪れていましたが、2年間休止の後再開した2022年は1,000人規模にして継続しました。今後はイベント当日の来場人数の規模だけにとらわれず、会の趣旨である「より広く知ってもらう」こと「普段障がい者福祉と接点が多くない方とも、何らかのアクションを、MAZEKOZEをきっかけに一緒にできること」に取組んでいきたいと考えています。
協力者(特に企業単位)につながるよう、イベントの紹介資料を作成し説明に行ってますが、窓口担当者の理解の先にある会社全体の決裁の段階で伝わりきれていない状況で、一層の協力企業を獲得したい現状です。
そこで、今回のプロジェクトでは、イベント協力として何をしてもらいたいのかのアクションと、参加することが企業の得たい事・困りごとの解決にどうつながるかを分かりやすく紹介するためのチラシを制作します。

7%

チャレンジの進捗

2022/09/23更新

2022/09/23

チームメンバー同士の顔合わせとなるキックオフ事前ミーティングを実施しました。
それぞれ、多様な職種・経験・年代で、チームメンバーもマゼコゼですし、プロジェクトへ参加しようと思った動機も様々でした。
今日は、チーム内の情報共有やコミュニケーションに使うツールを検討し、次回のチームミーティングの日時を決めて、キックオフミーティングに向けた準備をしました。

同様の課題にチャレンジする団体はこちら
同様の課題に
チャレンジする団体はこちら
「プロボノプロジェクト」一覧を見る