• いくつになっても住みやすい「ええまち」づくりを応援するプロジェクト

プロボノプロジェクト

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

吹田市

いきるをつくる

「健康×防災×情報」でつながり行動する人を増やしていくための情報発信を考えよう

7

チャレンジ内容

防災や福祉に関する情報の共有を目指した活動を推進する「いきるをつくる」
障がい者・高齢者等の方も元気に生きるコミュニティづくりを通じて、「健康×防災×情報」を軸にネットワークを広げ「だれもひとりぼっちにしない」ことを目指して2021年から活動を開始しました。平時から関心を寄せあって知識や意見を交換したり、体験することで、必要な時に戸惑いなく助け合える状態を作りたいと考えて活動しています。
そのために、「対話」を通じて信頼関係を築くことを重視し、集まった人たちがそれぞれの思いや実現したいこと、知識やスキル等のできることから様々なプロジェクトを立ち上げて活動に取り組んでいます。
これまで、車椅子メンバーが実際に大阪市内のまち歩きしながら地下鉄からの避難経路を調査したり、対面だけでなくZoomも活用し、困りごとを解決するための制作ワークショップ、健康体操付き防災教室、高次脳機能障がいや失語症の当事者との朗読会等を実施してきました。また情報リテラシーの向上を図るためICTに関する情報共有も積極的に行なっています。今後は、障がい者の個別避難計画策定に向けた地域や行政との協働や、高齢独居・障がい・子ども等をひとりぼっちにさせないためのマンション防災のあり方なども検討したいと考えています。「健康×防災×情報」は誰もが活用できることが大事だと思ってもらえるような関わり方を生み出したいと考え活動を広げようとしていますが、外部へ発信するための情報整理が十分にできていないことを課題に感じています。
大阪ええまちプロジェクトでは、新たな仲間を増やすため情報発信の核になるメッセージや内容を検討します。

7%

チャレンジの進捗

2022/09/23更新

2022/09/23

プロボノチームメンバーの初顔合わせになる、キックオフ事前ミーティングを実施!
次のステップになる支援先団体との顔合わせ「キックオフミーティング」に向けての意見交換や準備の確認を進めました。

同様の課題にチャレンジする団体はこちら
同様の課題に
チャレンジする団体はこちら
「プロボノプロジェクト」一覧を見る