地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

池田市
チャレンジ完了

こもれび相談室

LINE公式アカウントでのつながりづくり 今後に向けた参加者のオンラインの入口をつくろう

進捗
100%
チャレンジ内容

池田市で、地域の方との気軽な暮らしの相談窓口として、居場所・体操や音楽の講座などを通じて、参加者との信頼関係をつくり活動を進めています。
今回の新型コロナウイルス感染拡大の状況では、対面での活動は休止し、郵送などで参加者さんとの状況確認を実施するなど、工夫をしていました。今後、感染予防の対応として、会うことを避けなければならない状況になっても、見守りや相談など必要な対応・支援ができるようにしたいと考えています。大阪ええまちプロジェクトでは、今のうちから団体の「LINE公式アカウント」を通じて、参加者との連絡窓口を設けることで、離れていてもつながれる状況が生まれるよう、接点のつくり方や発信内容の課題整理にチャレンジします。

100%

チャレンジの進捗

2020/07/11更新

2020/07/11

全体説明のあと、80分間でチーム別の課題整理ワークショップに臨みました。
今後は、こもれびスマイル倶楽部(体操、歌、脳トレ)の参加者だけでなく、これまでに年何回か実施していたこもれび相談室主催の大型イベントへの参加者ともLINE公式アカウントでつながりたいと考えています。
「離れていてもつながる」ために、何からできるか、考えていきます。

2020/07/11

全チームが揃って成果報告会をしました。
こもれび相談室では、今後、LINEで発信した内容へ「スタンプ」で返事をしてもらうことで見守りにつなげたり、その後の案内のやり取りができることを目指します。課題整理をして、まずは登録してもらいたい方向けに「スマホ講座」を開催し、お友達登録や返事の仕方を知ってもらうことに優先があることを共有しました。
また講師の方にもコンテンツ作りに協力をお願いするなど、計画立てるとともに「気軽に」やってもらえるようにする点が課題として挙がりました。