地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

富田林市
チャレンジ中

高齢者大学シニア富田林くすのき塾

いくつになっても楽しく学びあい。自分の得意を生かして活躍するシニアを増やそう。

進捗
7%
チャレンジ内容

令和2年に創立20周年を迎えた「高齢者大学シニア富田林くすのき塾」(以下、「くすのき塾」)。
平成12年に富田林市で開催されたシニアリーダー養成講座の参加者有志8名が集い、「自分たちの居場所は自分たちで作る」という思いのもと「くすのき塾」を立ち上げました。公的に設立される高齢者大学が多い中、行政とも協力体制を築きながら市民が主体になり、シニア世代によるシニアのための学びの場や居場所づくりを展開してきました。
「くすのき塾」では、「遊び心で学習ごっこ」をモットーに、運営側と受講者側という垣根を作ることなく講座を開催。理事18名は自分自身が関心ある講座の受講生としても参加しており、ともに学びあう関係性をつくっています。講座は会員・非会員ともに受講することができ、会員になれば受講費は割引になります(1回あたりの受講料/会員:400円、非会員:500円)。また、会員はクリスマス会やバスツアーなどの交流ができる行事にも参加できます。多いときには会員数は700名を超え、44の講座がありましたが、現在の会員数は約半分、講座数も15程度になりました。昨今のコロナ禍による講座休止等の影響だけでなく、講座や教室を担当するナビゲーター(先生役)が辞めると、その講座の受講生が多く人気があったとしても、代わりに受講生の中からナビゲーターになる方もおらず、講座を継続できないことで大きく会員数が減ることがありました。またナビゲーターが固定化してきているという課題もあります。
プロボノによるプロジェクトでは、「くすのき塾」に高齢者が生きがいを見つけ出せる場として多くの会員に参加してもらえることを目指して、自分の得意を生かしてナビゲーターとして関わる方を増やす施策を検討します。

7%

チャレンジの進捗

2021/10/07更新

2021/10/07

ママボノチームメンバーの初顔合わせとなるオリエンテーションを実施しました。