地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

門真市
チャレンジ中

ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会

大阪・関西万博への参画に向け多業種のつながりで共創を育むプロジェクトの事業計画をつくろう

進捗
6%
チャレンジ内容

ゆめ伴プロジェクトin門真実行委員会では、2018年より門真市内の認知症の人や家族、介護事業者、市民団体、NPO、行政、社協が一緒になり、認知症になっても輝けるまちを目指し、認知症の人が主役となり、認知症の人と地域の人が共に楽しみ、活躍することのできる場や活動を地域社会に複合的に創出する活動を行なってきました。
認知症の人と市民が共に企画しカフェスタッフとして開催する「ゆめ伴カフェ」、認知症の人や高齢者、保育園児が共に野菜や綿花を栽培する「ゆめ伴ファーム」、綿花から糸を紡ぐ「綿花プロジェクト」、認知症の人や市民が共に街を歩きゴールを目指す「RUN伴+門真」など…、多分野の活動を施設内の限られた空間ではなく、門真市内の街中を活動場所として市民にもその姿が伝わるよう取組みを展開してきました。
2020年はコロナ禍となり、集まらずに自宅や施設にいながら社会とつながりを実感できるようにとマスク作りや、折り鶴でつながる「かどま折り鶴12万羽プロジェクト」、高校生との文通などを行いました。これらの活動に取り組む中から、認知症の人や要介護高齢者の方々が「誰かの役に立ってる!嬉しい!」と感じることで、とてもいきいきと輝かれることに気づきました。
認知症の人が支援される立場だけではなく「社会とつながっている。自分も誰かの役に立っている」という社会に貢献している存在であるということへ共感を広げ、これまで以上の方に認知症の方との関わり方を変えていくきっかけを作りたいと、2025年の大阪・関西万博へ参画すべく、現在は「いのち輝く折り鶴100万羽プロジェクト」を2022年からスタートさせようと構想しています。
(3年間で、認知症の人や要介護高齢者が「おうち万博ボランティア」として自宅や施設などで100万羽をめざして折り鶴を作り、それらを集めて万博会場でアート作品に仕上げ、世界の人たちを迎えるモニュメントにしようというプロジェクト)
企画や調整を進めるコアメンバーには、プロジェクトへの強い思いや、実現に向けたアクションプランも思い描けているものの、認知症になっても活躍できることやその魅力を伝えてより大きな反響を生むために、専門職以外の多様な職種により広く関心・共感を得て、プロジェクトの共創メンバーとして関わり合ってもらうような働きかけが必要だと感じています。
今回のプロジェクトでは、「いのち輝く折り鶴100万羽プロジェクト」を、認知症の当事者に関わる介護や福祉の専門職以外の人にも、認知症の方を取り巻く背景や思い、どういう社会にしたいのかのビジョン・ミッション、実現までの道のりを分かりやすく示す事業計画資料としてまとめます。

6%

チャレンジの進捗

2021/10/09更新

2021/09/25

キックオフ事前ミーティングを実施しました。

2021/10/09

団体、プロボノチームの初顔合わせとなるキックオフミーティングを実施しました!
事前に用意した進行資料をもとに、チーム側の団体に対する理解を伝えた上で、団体の取組や考えについて確認していきました。
今後は現状をより深く理解するためにヒアリングや現場見学を進めていきます。