地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

堺市
チャレンジ中

SS応援団協議会 事務局WG

地域でキラリと光る人を生み続ける市民大学。新たな一歩をともに踏み出す仲間へ呼びかけよう

進捗
18%
チャレンジ内容

人生のセカンドステージを迎えたシニア層の生きがいづくりや健康増進につながることを目指して、地域活動・市民活動を学ぶことができる「いきいき堺市民大学」を開講。平成21年から9年間継続し、これまでの述べ受講生数は747人。大学修了後に所属できる「SS倶楽部」という同窓会には254名が参加。15のサークル活動や、多数の地域活動・市民活動が生まれています。
また、一般市民向けに情報提供として紙媒体を発行したり、市民講座を毎月開催しています。
これからは、多世代での学び合いも視野に入れ、高齢者や子育て世代など、多様な方がそれぞれの興味関心を学び、活動につなげていくための新たな「市民大学」の展開を検討しているところです。
大阪ええまちプロジェクトでは、「SS応援団協議会 事務局WG」が地域の中で次の一歩を踏み出すための機会としてリニューアルする「いきいき堺市民大学」に向けて、協働パートナーへ協賛・協力を呼びかける資料作成を行います。

18%

チャレンジの進捗

2019/10/30更新

2019/09/07

キックオフ事前ミーティングを実施しました。
多様なバックグラウンドを持つメンバーでの初顔合わせ。団体がいまどんな状態なのか手元の情報を整理、そして次回の団体との初顔合わせになるキックオフミーティングまでの準備を進めていきました!

2019/10/07

キックオフミーティングを実施しました。
初顔合わせなので、まずは自己紹介から。お互いのことが分かったところで、プロボノチームが考える成果物の仮説や作成するプロセスを団体とも共有。団体側からはこれまでの実績や、最近の新しい連携先、取り組みに関わるキーパーソンについて説明いただきました。
限られた時間の中で充実の話し合いができ、これからどんなストーリーが生まれるのか…楽しみなプロジェクトがスタートしました!!

2019/10/15

梅田のカフェでチームミーティングを行い、この後のスケジュールやタスクを確認しました。

2019/10/30

関係者へのヒアリングを実施しました。