地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

地域団体のチャレンジ

大阪の高齢者の介護予防・生活支援に取り組む団体が、運営基盤強化や広報などの課題解決に挑みます。
社会人経験を通して培ったスキルで解決するボランティア「プロボノ」とともにチャレンジ!

大東市
チャレンジ中

住まいみまもりたい

生活のちょっとした困りごとを解決。「知っときゃ安心」な情報を探せるサイトを立ち上げよう。

進捗
25%
チャレンジ内容

粗大ゴミを出すことから電球の付け替えなどちょっとしたことまで、地域住民の困りごとに取り組むことを目的に平成16年に設立。有償ボランティアサービスや、リサイクルショップの運営などを通じて、地域住民のニーズのマッチングの実績を積み上げてきました。平成28年4月からは、大東市と協働で、住民同士の互助の仕組みを推進するため「生活サポートセンター」を開設し、その担い手として、500名を超える住民に生活サポーター養成講座を実施しています。現在約170名の生活サポーターが毎月150名程度の利用者のニーズに応えています。また同時に、第1層生活支援コーディネーターとして、地域で行われている健康や運動などの介護予防に結びつく活動や、移動や買い物などの生活支援を行っている団体・企業などの情報を、それを必要としている人々に届ける活動を実施しています。
大阪ええまちプロジェクトでは、地域で取り組む生活支援や介護予防の取り組みなど「知っときゃ安心」な情報を掲載することで、もっと手軽に住民の困りごとを解決できるウェブサイト構築を応援します。

25%

チャレンジの進捗

2018/07/15 更新

2018/06/09

キックオフ事前ミーティングを実施しました。

2018/07/01

ひょっとして梅雨明け?と思わされる快晴&最高気温35度の中、キックオフミーティングを実施しました!

団体さんから2名、地域ケア会議作業部会から3名、プロボノチーム8名、関係者2名で総勢15名、大所帯のミーティングとなりました。話し合った主な内容は以下の通り。

団体概要と依頼の内容
ステークスホルダーの確認
ターゲットに関して
事前情報からのサイト改善案
スケジュール

初回ということでプロジェクト全体像をつかむ情報整理やヒアリングをしつつ、今回のプロジェクトで生まれるWebサイトが、誰が、誰に、何を提供するのか?についてのディスカッションが進行。
コミュニティソーシャルワーカーの方や地域包括支援センターの方もいらっしゃったので、より現場的でリアルな目線でのミーティングができたのではないかと思います。

プロボノチームは終わってからも皆で集まって情報整理。次の具体的なアクションの準備に着手。いよいよプロジェクトスタートです!

2018/07/09

一歩踏み込んだ情報を得ていくため、1回目のヒアリングが行われました。
代表の吉村さんをはじめ、ケアマネージャーさん、社会福祉協議会さん、コミュニティソーシャルワーカーさん、行政さん、包括支援センターさんなどに集まっていただき、様々な視点から質問をさせていただき、ホームページのあるべき姿を探求していきます。
みんなで作り上げるホームページ、楽しみです!

2018/07/15

第1回ヒアリングで得た情報を整理、そしてホームページの方向性をまとめていく作業をするたのミーティグを行いました!
みんなとてもいい顔で、すさまじいスピードで進んでおります!